女性研究者シーズ集

高崎健康福祉大学 保健医療学部
箕輪 千佳[ Minowa Chika ]
研究分野
看護学
主な研究テーマ
リラクセーション法を取り入れた看護介入  看護学の研究倫理
キーワード
  • リラクセーション relaxation
  • 自律訓練法 autogenic training
  • 研究倫理 research ethics

連絡先
高崎健康福祉大学保健医療学部看護学科(基礎看護学) 箕輪 千佳 准教授
TEL : 027-352-1291 MAIL : minowatakasaki-u.ac.jp

慢性疾患患者のうつ病予防のためのメンタルヘルスプログラムの開発と評価
Development and evaluation of a mental health program for preventing depression in patients with chronic diseases

地域で生活する慢性疾患患者は、生活習慣を変えることや終わりのない治療、徐々に進行する病状と生活の質の低下などから高率にうつ病を合併しています。そこで、うつ病予防を目的としたメンタルヘルスプログラムを開発し、慢性疾患を抱えて生活する地域住民に実施し、その長期的効果を検証しています。

講演とリラクセーション法の体験をベースにしたメンタルヘルスプログラム

慢性疾患患者のうつ病予防のためのメンタルヘルスプログラムは、60分間の講演と20分間のリラクセーション法の体験からなる6回のプログラムです。講演のテーマは「自己の心の状態への気づき」「ストレスの対処法」「運動と笑いで健康に」「良い睡眠をとるには」「気分を変える認知行動療法」「相談窓口、患者会、ピアグループの紹介」などで、毎回アロマセラピーと呼吸法、漸進的筋弛緩法、自律訓練法、マインドフルネス、笑いヨガ、イメージ法、タッチケアなどの体験を行いました。

リラクセーション法をベースにした看護プログラムの効果の見える化

様々な疾患や症状・徴候・病期などの特徴を加味した看護プログラムに発展させ、多方面から効果を見える化できればと考えています。

外部資金獲得状況

・慢性疾患患者のうつ病予防のためのメンタルヘルスケアプログラムの開発と評価.(基盤C2017-2019)
・看護学研究の倫理審査を行う側と受ける側への調査で把握した課題に基づく教育(基盤C2018-2021)

ぐんまダイバーシティ地域推進ネットワークへの期待

女性ならではの良さを生かした活動ができるネットワークの構築、異分野の研究者との出会いを期待します。

教育に関する情報

主な講義のテーマ 基礎看護学、リラクセーション看護
担当講義名
  • 基礎看護技術
  • 看護学方法論
  • 看護研究方法  など
講義の概要 看護学の基礎・基本である基礎看護学の、日常生活援助技術や診療の補助技術、看護過程の展開に基づく援助方法について講義を行っています。また、大学院では介入研究について講義を行っています。

社会貢献に関する情報

社会貢献できる関連分野名 基礎看護学 ・リラクセーション法 ・研究倫理
直近の講演会のタイトル ・良い睡眠をとる方法
・家族と一緒にリラクセーション
・ストレスの対処法

▲ ページトップ