女性研究者シーズ集

群馬大学 重粒子線医学推進機構
吉田 由香里[ Yoshida Yukari ]
研究分野
放射線生物学
主な研究テーマ
重粒子線治療に関する基礎的生物研究、宇宙放射線の生体における影響の研究
キーワード
  • 重粒子線 heavy ion
  • 宇宙 space
  • brain
  • 正常組織 normal tissue
  • がん治療 cancer therapy

連絡先
群馬大学重粒子線医学推進機構重粒子線医学研究センター 医学生物学部門 吉田 由香里 助教
TEL : 027-220-8378 MAIL : yyukarigunma-u.ac.jp

重粒子線による正常組織障害の解析
Biological effect of the heavy ion in normal tissue

重粒子線は線量集中性に優れていることから、ターゲットとする病巣周囲の正常組織への影響を抑え、病巣に高線量を集中させることが可能である。しかしながら、正常組織への被ばくを完全に避けることはできない。したがって、重粒子線治療においても正常組織障害に関する研究は必要不可欠である。そこで、重粒子線がん治療の効果を高める方法を生物学的観点から探るため、腫瘍組織だけでなく正常組織における放射線生物学的効果について基礎データの取得に挑んでいる。また、人類が地球を飛び出し,大気圏を越えた先には高いエネルギーの宇宙放射線に曝される.宇宙放射線は,様々な種類の放射線の複合環境が特徴である.人類が安全に宇宙に進出して,健やかに活動するためには,宇宙放射線の内,生物影響の大きい重粒子線の影響を正しく評価することが緊詰の課題である。そこで、我々は重粒子線による正常組織障害の解析をマウス、組織培養切片、細胞を用いて評価している。

重粒子線による正常組織障害の解析

重粒子線は線量集中性に優れていることから、ターゲットとする病巣周囲の正常組織への影響を抑え、病巣に高線量を集中させることが可能である。しかしながら、正常組織への被ばくを完全に避けることはできない。したがって、重粒子線治療においても正常組織障害に関する研究は必要不可欠である。そこで、重粒子線がん治療の効果を高める方法を生物学的観点から探るため、腫瘍組織だけでなく正常組織における放射線生物学的効果について基礎データの取得に挑んでいる。また、人類が地球を飛び出し,大気圏を越えた先には高いエネルギーの宇宙放射線に曝される.宇宙放射線は,様々な種類の放射線の複合環境が特徴である.人類が安全に宇宙に進出して,健やかに活動するためには,宇宙放射線の内,生物影響の大きい重粒子線の影響を正しく評価することが緊詰の課題である。そこで、我々は重粒子線による正常組織障害の解析をマウス、組織培養切片、細胞を用いて評価している。

がん治療技術向上および宇宙科学発展のための共同研究

放射線治療は多分野の知識を終結した治療法である。個々の専門分野にとらわれず同じがん治療を目指す研究者が情報提供を行うことで、放射線がん治療の効果を高めるための共同研究へと発展させることが可能である。また、重粒子線照射により得られた知見は、宇宙生物学においても有益な情報となるため、宇宙科学分野における共同研究も発展させることが可能である。

ぐんまダイバーシティ地域推進ネットワークへの期待

多分野の方々と連携し、それらの知識が得られることで、各々の研究が発展することを期待する。

教育に関する情報

主な講義のテーマ 放射線生物学
担当講義名
  • 重粒子線治療講義
  • 放射線生物学実習
講義の概要 重粒子線治療の現場で起こる問題に対処するためには放射線治療に関わる生物・物理について正しく理解していることが必要である。重粒子線治療講義では、重粒子線治療全体像を把握する。放射線生物学実習では、放射線生物学の一般的な基礎実験の手法と考え方を身に付け、X線と重粒子線の違いを理解する。

社会貢献に関する情報

社会貢献できる関連分野名 重粒子線治療、宇宙

▲ ページトップ